アコースティックギター

アコースティックギターが幅広い年代で愛され続けている理由

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アコースティックギターが注目されています。エレキギターと違い1人で演奏できる気軽さも人気の理由の1つです。アコースティックギターが奏でる柔らかい音色が聴く人の心を惹きつけます。アコースティックギターは電子楽器と違いモデルチェンジがありません。手入れの仕方で、半永久的に孫の代まで使うことができます。大流行にはなりませんが、アコースティックギターが長く愛され続けている理由はこういうところにもあるのでしょう。 それではどう練習すれば、素晴らしいアコースティックギターの世界を堪能できるでしょう。そのためにまずは簡単なコードで演奏できる曲から練習しましょう。自分が好きな曲だからといって難しい曲で練習すると、すぐに壁にぶつかりアコースティックギターそのものが嫌いになってしまいます。自分が弾きたい曲を最終目標にして、段階的に曲のレベルを上げていくことがアコースティックギター上達の近道なんです。 弾けるようになってきたら、アコースティックギターの弾き語りの曲として「コブクロ」や「ゆず」が人気があります。しかし初心者にはお勧めできません。その理由は、ギター演奏で使用するギターコードの種類演奏方法などが初心者には少し難しいからです。初心者が難しい曲を演奏しても、すぐに壁にぶつかり、アコースティックギターが嫌いになってしまいます。初心者の練習に最適なミュージシャンを紹介します。それは長渕剛さんです。長渕さんの曲は初心者向きの曲から中級者・上級者向けの曲までアコースティックギターを段階的にマスターするための要素がぎっしりと詰まっています。 こうして練習して少し弾けるようになると、初心者なのに何十万円もするアコースティックギターを購入する方もおられます。確かに安いギターと高級ギターは素材から作り方までしっかりしているので弾いてみると違いが全然違います。しかし、それは初心者レベルでは分からない違いです。数万円のギターで十分です。練習してある程度のレベルになって高級ギターを購入したときに初めてその違いが実感できるようになります。

スポンサーサイト
テーマ:楽器 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。